交通事故で保険会社が動かない・連絡が来ない時の対処法

交渉術

交通事故に遭って困っているときに、保険会社から連絡が来ないと不安ですよね。
そんなときどうしたらいいのか、対処法をご紹介します。
1日も早く事故が解決することを応援しています。

こんなお悩みを解決する記事です

・事故に遭った時のために保険に加入していたのに、保険会社が動いてくれない
・保険会社に、動けないと言われた
・保険会社から連絡がこない

【交通事故】弁護士法人あまた法律事務所
あまた法律事務所

交通事故で保険会社が動かない・連絡が来ない時の対処法

一言に保険会社から連絡が来ないと言っても、いろいろなパターンがあります。
連絡が来ないときのパターンをいくつかご紹介するので、あなたの状況に当てはまる項目を参考にしてください。

事故に遭ったのに、自分の保険会社が動かない場合

事故に遭ったときのために保険に加入しているのに、動いてくれないのは悲しいですよね。自分の保険会社から連絡が来ない、動いてくれないパターンと対処法をお伝えします。

自分の保険会社から「最初の連絡」が来ない時

結論から言うと、あなたが事故の報告連絡をした先(受付センターや代理店)に、連絡が来ない旨を問い合わせをしてみてください

自分の保険会社から最初の連絡が来ない時のチェックリスト
✔️事故受付センターに事故の報告は済んでいるか(代理店を通す場合、代理店から受付センターに連絡が済んでいるか)
✔️保険会社窓口の営業時間外でないか

担当者窓口の営業時間外(一般的に9時〜17時以外)に受付センターに連絡があった場合、担当者からの連絡は翌営業日になることがほとんどです。翌営業日以降も担当者から連絡がない場合は、あなたが事故の報告連絡をした先(受付センターや代理店)に、連絡が来ない旨を問い合わせをしてみてください

事故受付から担当者が決まるまでの流れ

まずは、事故の受付・保険会社の担当者が決まるまでの流れを説明します。

連絡の方法には2パターンあります。代理店を介するパターンと、代理店を介さないパターンです。ネット保険など代理店がないパターンは①になります。

営業時間外に受付センターに事故の連絡をした場合、担当者からの連絡は、翌営業日になることがほとんどです。

事故の報告の連絡をしたのに、担当者(または代理店)から連絡が来ない場合は、まずはあなたが事故の報告をした先(受付センターや代理店)に、問い合わせをしましょう。

そして、連絡が来ない理由、いつ頃連絡がもらえそうか確認すると安心できますね。

自分の保険会社から途中経過の連絡が来ない時

自分の保険会社から途中経過の連絡が来ない場合、以下の2つのパターンが考えられます。

  • 単純に忙しくて手が回っていない
  • 進展がないため連絡しなくていいと思っている

どのケースだとしても、まずはあなたから保険会社に連絡しましょう。
そして、なぜ連絡が来ないのか、連絡がこない理由を確認しましょう。
忙しくて連絡が来ない場合は、次はいつ連絡をくれるのか約束させるとよいでしょう。

約束を守らない、高圧的な対応をされたなど、対応の質に問題がある場合は、保険会社のお客様相談センターに連絡をするといいかもしれません。きっと社内で指導されると思います。

おすすめなのは、保険会社担当者と話を終える際に、次はいつごろ連絡をもらえるのか確認することです。

話の終わりに「修理先が決まったら(あなたから)連絡をください」などと言われているのを聞き逃してしまって、お互いに連絡を待ってしまうというケースもあります。

「次は、どちらからどちらに、いつ頃連絡するのか」を確認してから終話するとトラブルを防げます。

非弁行為だから動かない場合もある

非弁行為とは、弁護士法72条に定められた事項です。

弁護士又は弁護士法人でない者は,報酬を得る目的で訴訟事件,非訟事件及び審査請求,再調査の請求,再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定,代理,仲裁若しくは和解その他の法律事務を取扱い,又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし,この法律又は他の法律に定めがある場合は,この限りでない。

つまり、示談交渉は本人または弁護士以外はやってはいけないと定めているものです。

ではなぜ保険会社は示談交渉をしているのでしょうか。

今ではほとんどの自動車保険に示談交渉サービスがついていますが、実はかつて、当事者が示談まで行い、示談内容がわかる書類などを保険会社に提出して保険金を受け取っていました。

保険会社は「賠償責任保険」を販売している性質上、「相手にいくら支払う(いくら賠償保険金を支払いする)か」を決める交渉をすることは認められているのです。

しかし、「相手からいくら払ってもらうか(請求行為)」というのは賠償ではないため、本人か弁護士でないとしてはいけない交渉になるのです。

つまり、保険会社は、相手に保険金支払をしない、相手からお金をもらう交渉だけをすることは法律で禁止されているのです。

その場合は、弁護士に交渉を依頼する費用を補償する特約の加入があるかどうか、保険会社に確認しましょう。特約の加入があれば、相手への請求を実質無料で弁護士に依頼することができます。

事故に遭った相手の保険会社が動かない場合

相手の保険会社が動かないのはもどかしいですよね。自分の保険会社だったらまだ、相手の保険会社となると、尚更どうしていいかわからないと思います。
相手の保険会社が動かないパターンとその対処法をお伝えします。

相手の保険会社から最初の連絡が来ない

相手の保険会社からあなたに最初の連絡が来ない場合、3つのパターンが考えられます。

相手が相手の保険会社に事故の報告をしていない

まずは相手が相手の保険会社に連絡をしていない可能性があります。
相手が保険会社に報告を済ませているか、相手に聞いてみましょう。

すでに報告が済んでいるのであれあば、相手の保険会社からあなたに早急に連絡をもらえるように、相手から相手保険会社に伝えてもらいましょう
または、相手保険会社の連絡先を相手から聞いて、あなたから直接連絡を取ってもよいでしょう。

あなたから相手に直接聞くのが嫌な場合は、あなたの加入している保険会社に相談してみましょう。あなたの保険会社から相手に連絡して確認してくれるかもしれません。

相手の保険会社と相手が連絡が取れていない

2つめのパターンとしては、相手の保険会社の担当者から相手に連絡が取れていないケースです。

相手から相手保険会社の受付センターに事故の連絡はしたものの、相手保険会社の事故担当者から相手に連絡が取れず、あなたに連絡が来ていない可能性があります。

相手の保険会社はあくまで相手の保険会社ですから、相手との契約に基づいて対応します
よって、相手と相手保険会社の事故担当者で、対応方法や契約内容の説明・確認をしてからあなたに連絡が来るのです。

一部例外もありますが、基本的には、相手保険会社と相手の連絡がとれてからあなたに連絡が来ることになります。

それでも連絡が遅い場合は、あなたの加入している保険会社に相談してみると良いでしょう。

そもそも相手が任意保険に加入していない

恐ろしいことですが、相手がそもそも任意保険に加入していない可能性もあります。
その場合、相手の保険会社から連絡がくることはありません

まずは、相手が任意保険に加入しているかどうかを確認しましょう。

相手が保険に加入していない場合、実費で負担してもらうことになります。
つまり、交渉や賠償金の受け取りは難航することが見込まれます。
その後の対応方法については保険会社に相談してみてください。

もし、弁護士費用を補償する特約に加入があれば、弁護士に請求対応を依頼した方がよいと思われますので、加入している保険を確認してみてください。

相手の保険会社から途中経過の連絡が来ない

まず、相手の保険会社から途中経過の連絡があるのは、あなたが0%:相手が100%の過失割合事故のケースです。

途中経過の連絡が来ない場合、考えられるのは
・単純に忙しくて手が回っていない
・進展がないため連絡しなくていいと思っている

どちらだとしても、まずはあなたから保険会社に確認しましょう。
そして、なぜ連絡が来ないのか、連絡がこない理由を確認しましょう。

また、話の終わりに「修理先が決まったら(あなたから)連絡をください」などと言われているのを聞き逃してしまって、お互いに連絡を待ってしまうというケースもあります。

「次は、誰から誰に、いつ頃連絡するのか」を確認してから終話するとトラブルを防げます。

約束を守らない、高圧的な対応をされたなど、対応の質に問題がある場合は、保険会社のお客様相談センターに連絡をするといいかもしれません。きっと社内で指導されるでしょう。

保険会社同士で物損の交渉する場合は相手保険会社から連絡は来ない

それぞれに過失割合が発生する事故の場合は、お互いの保険会社同士で交渉をします。
つまり、途中経過の報告は、あなたの保険会社から連絡がくることになります。

今回の事故が、保険会社同士の交渉(過失割合が発生する事故)なのか、100:0の事故なのかによって、連絡をくれる保険会社が異なります。

※人身損害(通院)に関する連絡は、相手保険会社から直接連絡が来る場合があります。
相手が加入している対人賠償保険で対応してもらう場合は相手保険会社から、あなたが加入している人身傷害保険で対応する場合はあなたの保険会社から連絡が来ます。

相手の保険会社から最終示談の連絡が来ない

100:0の事故、または人身の損害について、最終示談をして保険金を支払いしてほしいのに、相手保険会社から連絡が来ない場合、
・単純に忙しくて手が回っていない
・示談に必要な書類が揃っていない
ということが考えられます。

まずは、あなたから相手保険会社に連絡をして、示談を進めたいと問い合わせをしましょう。

必要書類が揃っていない場合は、何の書類が必要かを確認してください。

単純に担当者の対応が遅いと言う場合は、保険会社の苦情窓口に連絡すると、指導がなされるのではないでしょうか。

または、
・交通事故紛争処理センター
・そんぽADRセンターなどに相談するというのも一つの手段です。

また、提示された賠償金に納得できない場合は、弁護士に相談してみると良いでしょう。
あなたが加入している保険会社の特約で費用を補償してもらえる可能性もあります。
加入している保険会社に確認して、賠償金の交渉を弁護士に依頼することも検討してもいいかもしれません。

まとめ

保険会社から連絡が来ない場合は、まずはあなたから保険会社に問い合わせをしましょう。

なぜ連絡が来ないのかを確認し、次はいつ、誰から連絡があるのか(または自分から連絡するべきなのか)を確認して終話することでトラブルを防げます。

 

【交通事故】弁護士法人あまた法律事務所
あまた法律事務所

タイトルとURLをコピーしました